腰痛なのに無理をしてまでゴルフをやってはいけない

40過ぎて始めたゴルフ。

 

練習は週に1回、月に2回ぐらいラウンドするようにしてます。

 

ゴルフってけっこう腰をひねるのでたまに痛いなと思うときがありました。

ただ軽い痛みで特に気にする程じゃなかったので放置してました。

 

去年の秋にラウンドした時の話です。

いつも通り早めにゴルフ場に到着しスタート前に練習場で練習してると左腰に軽い痛み。

 

あぁまたか、今日は軽めに打たないとなと思いスタートしました。

スタートしコースを進んでいるうちに徐々に痛みが酷くなってきます。

ティグラウンドで構えるだけで痛いのでごまかしながら打ってました。

 

パターを構えるのも辛くなってきました。

 

クラブを杖代わりにプレイしていましたが残り4ホールぐらい残していよいよ痛みが限界になりギブアップ。

左腰の身体の心の中が痛い感じで押すと凄く痛い場所があります。

 

残念ですがあとはカートで他の人のプレイを見守るだけです。

 

クラブハウスに戻って友人にマッサージして貰い多少は痛みが無くなったものの運転も辛いので任せて帰宅しました。

 

ギックリ腰という感じではなく中腰姿勢とか捻りで腰に負担がかかったせいだと思います。

普段から準備運動をしないで練習してるのも問題ありだと思います。

 

痛めてから2~3日は仕事もかなりきつかったのですが1週間もすると痛みも和らぎ試しに練習してみようと思いレンジに行きました。

 

ちゃんと準備運動してから軽く打っても痛くないので徐々に距離を飛ばすようにするとまだやっぱり痛いです。まだゴルフできる感じじゃないです。

 

これは駄目だと思いしばらく予定してたラウンドもキャンセルしてゴルフから離れる事にしました。

ちょうど季節が冬になる頃でしたので春先まで腰を休めることにしました。

毎日痛み止めのシップを貼ります。

身体の芯のほうの痛みなのでシップで効果あるか半信半疑でしたけどね。

 

ゴルフしなくても家ではなるべく柔軟運動をして歩いたりもしました。

腰に負担になるような事は避けました。

 

すべては好きなゴルフを楽しむために。

 

4ヶ月ぐらい過ぎ春から練習開始です。

軽く打ち始めいつも通りにドライバーも打つと痛みはなく好調です。

やっぱり休ませたのが良かったようです。

 

ラウンドにも行きました。

最初は腰の事も考えてましたがまったく問題ない状態でしたのでいつの間にか腰の事は忘れてました。

 

ただ再発が怖いので練習前とラウンド前にはきちんと準備運動をしています。

年齢と共にかなり身体が硬くなっているのにちょっと無理しちゃったようです。

 

痛めた時は無理せずちゃんと休ませるのが大事だなと思いました。

 

 

身体を支える大事な腰が痛くならないように

腰痛とは長いお付き合いになりますが、身体の要という漢字の通り、痛めるととてもきついですね。私はいわゆるぎっくり腰から腰痛との付き合いが始まってしまったのですが、一般的なぎっくり腰というのは何か重いものを持った時に痛めるイメージだと思うんです。

ですが、私の場合は朝起きたら動けなくなっていて、なにごとかと思いました。

寝相が悪いので、知らないうちに無理な体勢をとってしまい、ぎっくり腰になってしまったようでした。

まだ短大生だったので、驚きましたね。

ぎっくり腰というのは中年がなるものだと思っていましたから。

そんな事を思っていてもぎっくり腰が治るわけではないので、どうやって治そうかと親に相談をしたら、親の友人がいい整骨院があると教えてくれたので、行ってみる事にしました。

その整骨院は鍼治療が中心で、初めての鍼治療に先端恐怖症の私は怯えてばかりいましたが、うつ伏せの形で少し身体を温めてリラックスさせてからの鍼を打つ治療方法だったので、ゆっくりと慣れてききました。

ねんざもぎっくり腰も完全に治るというのは難しいらしく、ある程度痛みがとれてきたら筋力をつけて痛めたところを支えられるようにするしかないそうです。

腰にいいストレッチ方法が書いてある紙をもらったりして、自宅で行ったりしていました。

普段そんなに痛くなくても疲れがたまるとじわじわと腰が痛みますし、立ちっぱなしも座りっぱなしもなかなかつらくなってしまいました。

筋力をもっとつければ違うんでしょうけれど、運動が苦手なもので、ストレッチでさえもなかなか続ける事が出来ないんですよね。疲れがたまった腰を左右にゆっくりひねったり、つぼ押しをしてみたり。どうしてもつらい時はいったん横になってみて、回復をはかったりしています。

ぎっくり腰になった時は「これ以上動いたらとても痛いに違いない」という謎のストッパーがきく場所があって、それ以上動かずに何とかやりすごしていたおかげで必要以上に痛い思いをしなくてすみました。

周りのぎっくり腰経験者はかなり痛い思いをしているようなので、私はまだラッキーだったのかもしれません。

気圧や湿気でも痛みはありますし、腰痛はなかなか面倒ではありますが、そんな身体も自分のものなので、労りすぎないように労りつつ、そろそろ30年近く経とうとしています。

腰痛持ちではないみなさんには、へんな体勢で寝たり、身体をひねって何かを取ったりしない事や、無理に何か重たいものを持ち上げたりしない事をお勧めしたいです。

いったん痛めると厄介ですし、何かと行動を妨げられてしまうのも腰痛ですから。

身体を支える大事な部分なので、痛めていないみなさん、ストレッチをしっかりとして腰痛なんかにならないようにしてくださいね。